不動産売却、投資のニュース・キング

top

不動産投資と出口戦略の投資とは

外壁屋根塗り替えの見積り価格のナゾ!?

外壁や屋根の塗り替え改修工事の見積りや、業者が出してくる価格が業者によって大きく違ってきたりして、

一体その費用はいくらになるの?いくらが妥当なの?相場は結局・・・

と分からなくなってくる時があります?

このナゾ!?について建設業界の内情から大変分かりやすく説明しているものをご紹介します。

引用元

⇒外壁塗装ナビ

外壁塗装,屋根塗装,外壁塗り替え,屋根塗り替え,見積り,見積,価格,費用●ネットで塗装工事店を探すのは危険!

外壁や屋根の塗り替え工事を依頼する時、インターネットで「外壁塗装 (地域名)」等で検索して探したりします。

誰もがする事だと思うのですが、それで依頼する工事店を決める事に落とし穴があるそうです。

例えば、工事の営業だけをして実際の工事は全て外注を使う会社。

工事の責任はこの(営業をする)会社にあるにしても、何となくこの会社のマージン分だけ高くなったりするのでは?と思ってしまいます。

●建設業界の内情

塗装工事は塗装店はもちろん、リフォーム会社や工務店、ハウスメーカー、訪問販売会社など、さまざまな形態の会社が仕事を請け負います。

工事会社によっては得意分野が違ってくることになります。

塗装店以外の工事店が塗装工事を請け負った場合においても、実際塗装の作業を担当するのは結局は地元の塗装店だったりします。

地元の塗装店を外注として使うことになります。

塗装、塗り替え工事を依頼するのですから、直接工事をしてくれるところからキッチリ説明してもらって、

実際にそこに工事をやって欲しいですよね。

その方が当然安くなるような気がしますし。

ネット上だけの情報ではこういう部分が分からない、分からないまま依頼してしまう、という可能性があります。

外壁塗装,屋根塗装,外壁塗り替え,屋根塗り替え,見積り,見積,価格,費用●だから塗り替え工事の見積価格が違ってくる

塗装しかできない工事会社、雨漏りも塗装もできる工事会社、一人親方で社長も兼ねる工事会社(安くなる可能性が高い)、会社組織になってる工事会社(外注も使うので工事実績の幅が広い可能性がある)・・・

建設業界の内情と各工事会社の特長から、同じ塗り替え工事でも見積価格が違って来ることになります。

●外壁塗装ナビとは?

塗り替えに関して、自分の要望に合った工事をしている会社を探し、できれば直接工事をしてくれる工事店を探す事が一番良いでしょう。

しかし、素人では分かりにくく工事店によって違って来る塗り替えの見積リ価格について、自分に合った塗装店を探すのは難しいです。

そこで、外壁屋根塗装の無料相談、無料紹介サイトが最近注目を集めています。

外壁屋根塗装の無料相談、無料紹介サイトは多くありますが、今回引用させていただいた「外壁塗装ナビ」の特長は下記の通りです。

・直接工事を行う地元工事店を紹介してくれる
・工事店と直接のやりとりだではなく外壁塗装ナビ事務局も対応してくれる
・複数社検討した結果お断りする場合も事務局が対応
・工事店ご紹介後も事務局が相談に乗ってくれる
・一括見積りでだけではなく、塗装に関する相談、見積適性診断、建物劣化診断も対応
・これらの相談やサービスは無料
・何より運営会社が塗料販売店で専門性が高い



一定の基準をクリアした全国600社の塗り替え専門店が登録している外壁塗装ナビ。

初めての塗り替え、塗装工事をするタイミング、塗装工事の相場、塗料の特長と価格等々気軽に相談できそうて、

何より「直接工事する工事店のみ」というの特長は安心できますね。

⇒外壁塗装ナビ




外壁屋根塗り替えの見積り相場が分からない!カテゴリの記事一覧

収益不動産売却 投資 ニュース・キング-TOP


京都料亭人気おせち通販おすすめ

京都祇園料亭岩元のおせち 匠極

京都料亭おせち道楽 新玉の息吹 清新

ズワイガニ 通販人気おすすめ

かにむき身 カニポーション

プロテオグリカンサプリの効果 膝

犬や猫の殺処分ゼロへのメロディ

電話占い 恋愛相談

オーディオブック

ホワイトデー お返し 彼女

京都ペットシッター






共有持ち分の放棄が最善策なのか?

共有持ち分の放棄によって、持分は他の共有・共同名義の共有者に移転します。

法律上、一方的な意思表示の通知だけでできて、証拠として内容証明郵便を用いる場合も多いです。

これによって、自分の共有持ち分は消えて、その分が他の共有者に加わります。
共有持分の放棄,共有持分放棄,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税
●固定資産税はかかる

しかしこのままでは、固定資産税がかかったままになるようです。

理論的には持分は既になくなっているのですが、持分が増えた他の共有者の登記が完了しないと納付の義務がなくならない、という事です。

この辺りが素人には良く分からない、難解きわまりない事ですね。

親から複数名で相続した共有不動産でが空地になっていて、固定資産税の納付が負担になっているケースなど、

一方的な通知だけの共有持ち分の放棄では、厄介事からは逃れられない、って事になります。

●手離したのに贈与税の対象?

これも、とても歯がゆい、分かりにくい話しです。

持分として所有権が移転しているのですが、この移転には代金(対価)がともなっていません。

この共有持分の放棄は贈与と同じという事になります。

そして、一方的に意思表示によって持分が増えて、財産を取得した他の共有名義人者に贈与税が課税されるのです。

これは話し合いをしておかないとモメそうですね。

とても「一方的」にはできそうもありません。

又、税法上、共有持分放棄を行った者も連帯納付義務を負う、との事です。

なんじゃそりゃぁ・・・という感じがします。

持分を手放した、ってホント形たけの事のようですね。
共有持分の放棄,共有持分放棄,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税
●結局、共有持分だけを売却・処分したい・・・

法律理論上「放棄した」と主張できるとはいえ、税金についてはそう簡単に逃れることができないようです。

結局この問題も「共有名義・共同名義人の話し合い」がないと、っていう感じです。

この事から、自分の持分だけを売却したい、共有関係の厄介な事から逃れたい、というニーズが高いのだろう、って思います。

ですが、共有持分だけ売却できる事が可能と思っている人は実際は少ないです。
共有持分の放棄,共有持分放棄,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税
共有持分の売却に当たって、専門家チームに相談する事の一番のメリットは、この「放棄」の事も含めて、売却・処分のいろいろな手法について、

各メンバーのメリット・デメリットが明確になる事なのでは?と思います。

その上で最善の解決方法を見出せるので、売却・処分後のトラブルも結局は少なくなるのではないでしょうか。


⇒不動産「共有持分」の専門家による無料相談
共有持分の放棄,共有持分放棄,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税






共有共同名義、共有持分の相続と売却カテゴリの記事一覧

収益不動産売却 投資 ニュース・キング-TOP







ズワイガニ通販5kg     

もつ鍋取り寄せ人気








共有持分の放棄と贈与の税金面での違い?

共有持分を放棄する、という事と贈与する、という事の違いについて記事にしています。

親子で共有・共同名義になっている不動産について、相続が発生した時の諸問題を回避し、

共有持分を解消したいが為に

安易に名義変更する事は、無償の資産の譲渡、という事で贈与税の対象になり、

税金面での損失が考えられる・・・という事を以前に書かせていただきました。

税金面で、共有持分の贈与と放棄の違いについて、自分で調べた事を以下シンプルに書いていますが、

なんともイマイチハッキリしない話で、ご了承下さいませ。
共有持分の放棄,共有持分放棄,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税
●贈与をした場合

共有者が自分の共有持分を他の共有者に贈与した場合、贈与を受けた者に贈与税が課税されます 。

子供に想像した場合、子供に贈与税がかかる事になります。

●持分を放棄した場合

共有者がその共有持分を放棄した場合、民法上、その持分は他の共有者に帰属することになります。

子供にその持分がうつる事になります。

これは贈与にはなりません。

しかし、相続税法上においては、贈与とみなされて、帰属された他の共有者に贈与税が課税されます。

ややこしい、ですね?

税金の面でみれば、結局放棄も贈与も結局同じって事なのでしょうか?

●贈与であれ放棄であれ売却した場合

共有・共同名義の不動産の「贈与」あるいは「持分の放棄」により、不動産を得た人が、その不動産を売却する場合には、譲渡所得税が課されることになります。

ところが、その不動産が「贈与」により取得したのか、「持分の放棄」により取得したのかによって、税金の取り扱われ方が大きく変わってきます。

譲渡所得税は、「売却収入」−「取得費」=「譲渡所得」に対して課税されます。

譲渡所得税を計算する際、この「取得費」の取り扱いが「贈与」の場合と「持分放棄」の場合とで異なることになります。

取得費の取り扱いついて、以下の通りです。

【贈与により不動産を取得した場合の取得費】
受贈者は、贈与物件に係る贈与者の取得日・取得費を引き継ぐことになります。

【持分の放棄により不動産を取得した場合の取得費】
贈与課税時の時価が取得費となります。

したがって、

共有持分を贈与の場合には、贈与税で時価課税され、その贈与物件を売却する時に再び時価課税されます。そのため、二重課税されることなります。

共有持分の放棄の場合には、取得費の引き継ぎがないので、二重課税はありません。

共有持分の放棄,共有持分放棄,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税
シンプルに・・・と書きましたが、やっぱりややこしい・・・です。

素人の理解では、贈与の方が売却時に贈与税の計算時の時価をもう一度使って譲渡所得税がかかるので、税金が高くなる、感じがします。

共有持分の贈与、放棄そして売却となると、僕のように素人がいろいろ調べてそれなりに理解しようとしても、

結局はハッキリしませんね。

ケースバイケースなのか?法律の解釈で結局争いごと(そんな事は誰もやりたくありませんね。)になるのか?・・・・

共有持分から逃れたい・・・といっても、専門家に相談するしかありませんね。

それでも、民法の観点と税金の観点とでいろいろ見方や解釈が違ってくるとなりますと、

多方面の専門家に個別に相談するしかない・・・・

それもとっても手間がかかります。


やはり、いろいろな法律や不動産の事をワンストップで受けてくれて、

共有不動産の専門家に相談されるのが一番良い、と思います。




共有持分の放棄,共有持分放棄,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税
⇒不動産「共有持分」の専門家による無料相談
共有持分の放棄,共有持分放棄,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税




共有共同名義、共有持分の相続と売却カテゴリの記事一覧

収益不動産売却 投資 ニュース・キング-TOP

共有名義で相続した一戸建て不動産が勝手に売却された?

複数人の共有名義で相続した不動産で、他の共有者が自分の持分だけを第三者に売却してしまったケースです。

これまでは、共同名義からはずれたいので自分が売却する事例を挙げてきましたが、今回は第三者が共有持分を持ってしまった、という話しです。

●相続した戸建不動産の持分を売却

6人で相続したた戸建のケースで、一人の共有者の方が以前は住んでいて、今は空家になっていました。
土地共有持分売却,不動産共有持分売却,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,買取り,戸建て
誰も済んでいない空家の戸建て不動産の管理は難しく、維持費もばかになりませんね。

すぐにでも売却・処分したかったのですが、なんと、共有・共同名義人の一人が自分の共有持分を第三者へ売却してしまいました。

それまでは、身内での共有状態だったのですが、第三者も含めた共有状態になっています。

これはとても厄介ですね。

管理するにせよ税金の問題にせよ大変ややこしい話しになっているのは想像がつきます。

土地ではなく一戸建てなので、不動産を分ける、という訳にも行きませんし、解決策は限られてきます。

結局、既に持分を売却してしまっていた以外の持分全てを売却する事になったそうです。

この事によってこの不動産の共有者は6人から2人になった事になります。

相続当時のメンバーは一人も残っていませんが・・・

このケースも、共有持分売却の専門家チーム(各分野の専門家の集まり)に相談して進めていかないとどうにもならなかったでしょう。
土地共有持分売却,不動産共有持分売却,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,買取り,戸建て

●共有者のコミュニケーションが取れていない

複数人で相続した場合、大体は家族親族なのでしょうがお互いが疎遠になっている場合も多いでしょう。

ですので今回のケースにように、知らぬ間に売却している共有名義人がいた・・・なんて大いにあり得る話ですね。

そもそも、共有持分だけ売却したい、と考えるケースは全員の同意や承諾を得るなんて事がほぼ不可能、

つまり不動産全体を売却して持分割合で売却代金を分ける、という解決策の選択肢はない、と考えても良いと思います。
土地共有持分売却,不動産共有持分売却,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,買取り,戸建て
しかし、大事なのは各共有名義人にとってのメリット・デメリットを理解し名から進めていく、というプロセスです。

結果、共有持分だけを売却、という結論に至るとしても、裁判でもして争うつもりではないのでしたら、

不可能、無駄とはいえ「不動産全体を売却して現金を分ける」という策も一度は理解して検討する方が良い、と思います。

今回のケースも勝手に売却した共有人がいなければ、残りの共有人の意思が統一されただろうか?と思ってしまいます。

こういった複雑極まりない共有不動産のケースを専門に経験し実績をあげてきている「共有持分売却専門チーム」の存在は大きい、といえます。

進めていき方、正しいプロセス、法律・税金・不動産・・・等各専門分野でのメリットデメリットの確認。

これらの事は、専門チームでワンストップで対応する不動産会社に相談する事が最善策といえるのでしょう?

⇒不動産「共有持分」の専門家による無料相談
土地共有持分売却,不動産共有持分売却,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,買取り,戸建て


共有共同名義、共有持分の相続と売却カテゴリの記事一覧

収益不動産売却 投資 ニュース・キング-TOP




冬国内旅行の穴場を知りたい!


ふぐ取り寄せランキングはこちら


福袋の予約、中身は?






土地を兄弟の共同名義で相続したが意見がまとまらない!

親から土地を兄弟二人の共同名義で相続した典型的なケースを元に共有持分のみの売却について書いています。

兄弟2人なので2分の1づつの持分で相続した事になりますが、その取扱いで2人の意見がまとまりません。

●弟が売却を希望しても兄の了承が得られないので売却できない。

弟は共有不動産全体を売却・処分する事で固定資産税他管理コストを回避しようとしたかったのでしょう。

その売却代金を共有持分割合で分ければ良いので、不動産を現金化する、というメリットもあります。

休ませている土地では、コストばかりかかりますからね。

しかし、兄が反対しています。

共同名義者全員の承諾が得られませんので、共有不動産全体を売却することはできません。

兄弟の間でどの程度コミュニケーションが取れていたのか分かりませんが、

当事者同士の話し合いではなかなか解決しない典型的なケースではないでしょうか?

土地共有持分売却,不動産共有持分売却,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,買取り,アパート


●兄へ自分の持分を売却する事をもちかけた

これは、2番目に行った事です。

この辺りは共有持分の売却を専門に行っている不動産会社に相談する事によって進める事ができました。

実はこの辺りの手順、持って行き方も専門の不動産会社が持ってるノウハウだ、と思います。

さて、その結果

兄の承諾は又しても得られる事はなかった、という事です。

●土地を2分の1づつ分筆する提案を行った

その次の兄への提案がこの分筆なのですが、これも了承を得られなかったようです。

この分筆になりますと、土地や登記の専門家のアドバイスなり相談が必須となってきます。

共有持分の売却の専門家の大きなメリットとは、いろんな状況でその都度出てくる専門的な対応をピンポイントで迅速にできる事です。

●最終的に弟の共有持分だけを売却した

共有持分のみの売却・買取は相場よりも安くなります。

それでも、

1.コストばかりかかっている不動産がなくなる

2.何より厄介だったのが、共有からはずれて気分的に楽になる

3.現金収入になる

等のメリットと合わせて考えての判断になったのでしょう。


こうしてみてみると、最終的に「共有持分のみの売却」に至るまでのプロセスが良かったのでは?と僕は思っています。

買い手を共有者の兄にして進める→分筆する→共有持分のみの売却

このような話の持って行き方の順番です。

なかなか承諾してくれない兄に対して、兄に対してどういうメリット・デメリットがあるのか?

を十分に説明できるプロセスになっています。

それも、ある専門分野のメリットデメリットではなく、

法律、税金、不動産他あらゆる分野を総合的にみた

メリット・デメリットを理解してもらった上で進めていく事ができるのは、とても大きい、と思います。

今回は土地のケースで書かせていただきましたが、

不動産を共同名義で相続して、その共有から外れるための相談は、

その専門家(いろんな分野をまとめている専門チーム)に相談する事で

多くのトラブルを回避し、確実にできるだけ早期に進めていけるでしょう。

⇒不動産「共有持分」の専門家チームによる無料相談
土地共有持分売却,不動産共有持分売却,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,買取り,アパート




共有共同名義、共有持分の相続と売却カテゴリの記事一覧

収益不動産売却 投資 ニュース・キング-TOP

マンションの共有名義を変更するだけで良い!?

共有・共同名義の不動産について相続が発生したり、離婚が決まっていたりする場合に、

共有持分を売却・処分する等の面倒、大変そうだから・・・といって
マンション 共有名義 変更,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,贈与税,共有不動産
相続や離婚の前に名義を変更してしまう事は、何やら簡単にいろいろな事が解決しそうですが、

決してそういう訳でもなさそうです。

例えば、親と子で共同名義になっているマンションについて、親の気持ちとして「相続等でややこしくならないように・・・」と、安易に親の持分について子供の名義に変更しておく、等の例です。

ここで、考えたいのは贈与税の問題です。
続きをどうぞ。

不動産の共有名義で共有持分のみ売却する事は難しい!?

共有名義、共同名義の不動産(土地、マンション)について、共有持分のみを売却・処分する事は可能です。

しかし、法律、税金等々様々な専門的な事が重なって、一筋縄ではいかないのも実情です。

ですので不動産の共有名義人の当事者にとっては、持分だけ売却なんて・・・とハナから諦めている事も多いのではないでしょうか?

今回は共有持分だけの売却について、その難しい理由がイメージできるように、いくつか挙げてみました。
不動産の共有名義,共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り
●共有名義の共有者全員の承諾が必要

自分の共有持分を他の共有者に売却する場合でも、共有名義の不動産全体を売却して売却代金を分ける場合においても共有・共同名義者全員の承諾が必要になる事です。

そもそも共有持分を売却・処分したいという状況になるのは、共有名義者間のコミュニケーションが良好でないケースがほとんどじゃないでしょうか?

共有の当事者間が日頃より相談できる状況で、それぞれの意向がまとまるようであれば、「共有持分の売却・処分」という考え方にも至らない、と思います。

ですので、「共有名義者全員の承諾」というのが高いハードルになってしまいます。

しかし、当事者間でなかなかまとまらないのであれば、専門的な立場で第三者が共有者各々の意向を確認、解決していく事が大いに期待できます。続きをどうぞ。

共有持分だけを売却、処分する3つの方法

共有持分だけを売却し早期に現金化する事は法律上可能である事を書かせていただきました。

共有名義、共同名義の不動産に関して、その所有権の割合として「共有持分」があり、

自分の所有権だけ譲渡する、という意味で、共有持分だけを売却する事が可能になります。

では、その共有持分だけを売却、処分する方法としてどんなパターンがあるのでしょうか?

最もイメージしやすい方法を3つ挙げさせていただきます。

●他の共有者に買ってもらう

共有持分,共有名義,共同名義,相続,離婚,不動産,売却,処分,買取り,マンション,土地,共有不動産,税金,相続税,固定資産税
自分の持分を他の共有者に買い取ってもらうケースです。

例えば1/2ずつ2名の共同名義になっている場合、一方の持分をも一方共有者に売却すれば、購入者はその不動産全ての所有者となり、購入者だけの名義になります。

夫婦が離婚する場合等、こういうケースが多いのではないでしょうか?

続きをどうぞ。

共有持分とは?

共有持分とは、共有名義の不動産について、各名義人ごとに決められた割合の事です。

又、共有名義、共同名義とは複数の人が一つの不動産を共有している状態の事を言い、その各々が持っている割合が「共有持分」という事になります。

意外と知られていませんが、共有持分はその持分だけを売却・処分する事ができます。

●持分は面積の割合ではない

持分は、不動産(土地、建物)のその大きさの割合ではありません。

続きをどうぞ。

不動産売却査定サイトを比較する前にその一番のメリットを知る。

不動産売却査定サイトを利用して、複数の不動産会社から提示される査定価格を比較する訳ですが、一括査定サイトを利用するそのメリットとデメリットを理解した上で利用される事を、当ブログでは書かせていただきました。

以下、参考引用元にも書かれてありますが、@一社だけではなく複数社にだけA査定額を比較するのではなく、査定根拠や売却戦略を比較すること、の2点を踏まえて依頼する、という事です。

又これをふまえた上で、依頼するから「最大のメリット」を享受できる、と書かれています。

参考引用元



不動産売却一括査定サイトの本質を考える

不動産売却「一括査定」の仕組みと使い方

Screenshot_2014-07-04-08-24-48.png


で、どの不動産売却一括査定サイト(サービス)が良いのか?どういう部分で比較したらよいのか?という事ですが、実際に申込み画面に入力してみるのが一番良い、僕は思います。

というのは、上記画面(収益不動産・投資物件売却一括査定サイト 楽待)は申込み画面の入力を進めていくと、その途中で必ず、

どの不動産会社(不動産屋)を選ぶことができるのか?

楽待だけではなくどのサイトも表示されるようになっています。

申込み確定ボタンを押すまでは依頼が完了しませんので、この画面まで進めていって

自分が知らない、これまでお付き合いしている不動産会社と違うタイプの会社・・・等

自分がコンタクトを取りたい、と思う不動産会社で査定依頼できる会社がどれだけあるのか?を

とことん確認されれば良い、と思っています。

これが、究極の不動産売却査定サイト・サービスの比較、と思っています。

使い勝手、その他の比較については、下記関連過去記事よりご覧ください。

不動産売却一括査定サイトの簡単比較

不動産売却査定サイトの比較カテゴリ


今回も有難うございました。 又、よろしくお付き合いください。

収益不動産売却 投資 ニュース・キング

収益物件、投資用不動産売却を大手仲介会社「法人営業部」に頼む時は?

収益物件、投資用不動産売却を大手不動産会社に依頼するのメリットは、やっぱり安心、信という部分になるでしょうか?

今回も収益用アパート・マンション物件を相場より高く売る方法 から引用させていただきます。

有料の書籍なのでネタバレにならないように書かせていただきます。ご了承下さい。

大手不動産会社は、社内の査定マニュアルもしっかりしている、との事で査定根拠に関してもしっかりしているところが多い、と書かれてあります。

収益物件売却,収益不動産売却時期,不動産会社の選び方,出口戦略としての売却,収益投資物件,売却査定,賃貸マンション売却,賃貸アパート売却査定


しかし大手の担当者で、「法人営業部」という賃貸マンション・アパートや商業ビル等を専門的に扱う部署名が名刺に書いてある場合についての大変興味深い話しがありました。
続きをどうぞ。

収益物件、投資用不動産を高く売る為の不動産会社の選び方−査定方法

収益物件や投資用不動産を希望通り高く売却する為の不動産会社の選び方、又は、

売却一括査定サイトで複数の不動産会社に依頼した時に、不動産会社とのやりとりのテクニックについて僕が大変興味をひいた事を下記より引用させていただきます。

収益用アパート・マンション物件を相場より高く売る方法

査定方法や査定額の根拠について明確に詳細に答えない不動産会社は要注意、との事です。

積算法や収益還元法などの具体的な査定方法とその査定額の根拠について明確に説明していない、と感じたら賃貸アパート・マンション等の収益物件の売却をあまり得意としていない不動産会社かもしれません。

収益不動産売却時期,投資用不動産売却,出口戦略,収益物件売却,不動産会社の選び方,売却一括査定サイト,賃貸マンション,賃貸アパート,査定方法,査定額の根拠,比較


従って、「これまで何棟の賃貸アパート・マンションを手がけられてきましたか?」等の質問する事が重要、という事になります。

この点については、収益不動産に専門特化した売却一括査定サイトであれば、参加する為の基準をクリアしている不動産会社しかいませんので問題はないのでは?と思います。
続きをどうぞ。

収益物件、投資用不動産売却を考えられる時期、タイミングで都度査定をしておく。

収益物件、投資用不動産の売却を考える時期、タイミングについて次の4つのポイントが挙げられています。

参考
「不動産投資の出口戦略を考える」
http://allabout.co.jp/gm/gc/420156/2/ から引用させていただきました。

●5年目の売却益にかかる譲渡税(所得税+住民税)の税率の変わり目

●支払ローンの金利切り替えの時期

●残存耐用年数が20年を切るとローンが借りにくくなる

 木造アパートの場合。購入希望者にとって買いにくい物件になっていく

●大規模修繕の時期(築15〜20年)

収益物件売却時期,投資用不動産売却時期,タイミング,出口戦略,残存耐用年数,大規模修繕,譲渡税税率,売却一括査定サイト,賃料相場動向


これら以外に、「人口が減少して賃貸マーケットが縮小しているようなエリア」での物件については都度最適な売却時期を見越して進めていく必要がある、とあります。

続きをどうぞ。

投資マンション・アパートの売却サイト比較−不動産会社を選んでから申し込む。

投資マンション・アパート、収益物件の売却サイトの比較をしながらその内容をご紹介している当ブログでは、査定申込み画面で、自分で不動産会社を選ぶ事ができる点について書きます。

不動産会社はそれぞれ得意分野、不得意分野があり、希望通りのできるだけ高く売却する為には、これまでお付き合いしていた不動産会社とは違ったタイプの不動産会社にアプローチしていく事も重要なポイントです。

で、多くの収益投資目的のマンション・アパート等収益不動産の売却一括査定サイトでは、最終的に査定申込みが完了するまでに「希望する不動産会社を複数選ぶ」ことが可能になっています。

楽待の売却査定申込み画面(スマホでの画像ですが、PCからもほぼ同じ内容です)を例にしますと下記の通りです。

マンション・アパート,売却サイト比較,不動産会社,収益物件の売却サイトの比較,高く売却,収益投資目的,収益不動産の売却一括査定サイト,売却査定,スマフォ,スマホ


具体的な社名は伏せさせていただきましたが、ご覧の通り査定申込可能な不動産会社が一覧され、自分で確認してから、希望の不動産会社にチェックを入れて、楽待の場合は最大5社まで一括申込みが可能ができます。

続きをどうぞ。

収益不動産の売却はどんな不動産会社にまかすのか?

収益不動産売却・・・投資用賃貸マンション・アパートを売却するにあたって、どんな不動産会社とパートナーになっていくべきか?

以下の書籍、

収益不動産売却,不動産会社,投資用賃貸,アパート,マンション,収益投資目的,アパート売却,マンション売却,高く売る方法,賃料相場,時期
収益用アパート・マンション物件を相場より高く売る方法


の中の「駅前の賃貸会社に売却を依頼するとどうなるのか?」から引用させていただきます。

結論から云いますと、

●客付けを任している賃貸に強い不動産会社に売却を依頼しない方が良い

●さらに管理まで任している不動産会社に売却を依頼しない方が良い

の2点になります。
続きをどうぞ。

投資マンション売却や収益物件売却で高く売る方法−売却時の交渉

投資マンション売却や収益物件売却で高く売る方法として、売却時の交渉のテクニックについて書かせていただきます。

価格を下げない代わりに、他の条件で相手にメリットを与える、という考え方です。

参考



200万円から6年で20億円! 売却から逆算思考する不動産投資


売却から逆算する・・・というタイトルも大変気に入っているのですが、その内容も「出口戦略ありき」の考え方が大変参考になりました。

ネタばれ、になるので、投資マンション売却や収益物件売却で高く売る方法としての「売却時の交渉」部分について箇条書きのみで簡単に書かせていただきます。
続きをどうぞ。

不動産を高く売るための不動産会社の選び方

中古マンションを高く売却する為に、どんな不動産会社の選び方が良いのか?について、5年以内に中古マンションの売却を経験された方1000人、5年以内に売却予定の方1000人にとったアンケートがあります。

不動産会社選択理由−住まいのバトン|大和ホームズオンライン

売却実績や営業マンの理由はともかく、やっぱり・・・っていう「理由」があります。

結局、査定に至るまでのプロセスやその査定の根拠に留意して不動産会社を選んでいる、という事のようです。

不動産,中古マンション,高く売る,高く売却する,不動産会社,選び方,査定価格の根拠,理由


査定価格が一番高かった、という理由だけで売却を依頼してはいけない、という話をよく聞きます。

中古車の買い取り査定等では考えられない話し、って僕なんかは思ってしまうのですが、それぐらい不動産は査定価格と実際の売却になる価格とが違ってくるケースが多いって事です。
続きをどうぞ。

不動産相続税改正対策の話題本

不動産、土地の相続税改正対策ですが、相続税対策の定番である「土地の有効活用」ですが、@借入してアパートやマンションを建設する資金を捻出する為の借入の返済負担A計画通りにいかなかった賃料収入、等の理由から最前の節税対策だったのか?という事例も多いようです。

そういう意味で、土地の一部を売却して、@建設資金に充当するA建てるもの自体も小さくすることで建設費も下げる(部屋数の減少で賃料収入も減りますが)、等の考え方を考慮した「活用」はとても納得できる話し、だと思います。

高く売却できれば・・・、良い不動産会社に出会えれば・・・という事はやっぱり重要になってきます。

−−−−

さて、今回は相続税改正、相続税対策の話題本をご紹介いたします。

相続税は不動産投資と法人化で減らす (経営者新書) [新書]
・・・持て余している土地を収益性の良い賃貸物件に買い替える不動産投資の最新手法と、プライベート・カンパニーを設立し効果的に運用しつつ、相続税の節税を図る方法、これからの相続対策を解説する一冊・・



次は「生前」と「相続発生後」の2つの局面に分けて、相続税対策を図解で分かりやすく説明している人気の書籍です。

続きをどうぞ。

収益物件売却で、信頼できる営業マンを見極める方法

収益物件売却において、無料不動産売却一括査定サイトで複数の会社に依頼した後の大変重要なポイントであります、どの不動産会社を選んだら良いか?信頼できる営業マンをどうやって見極めたら良いか?についてです。

先ず、一括依頼した不動産屋さんから査定金額の提示を受け、専任でどこに決めようか?っていう時。

●査定価格、売り出し価格等を「根拠」を明確に説明してくれるかどうか?

これが何より、一番です。これを比較したいが為に、複数の不動産会社に依頼しているのですから、比較できる項目をできるだけ多数聞きだす必要がありますし、これが不十分であれば「その後の販売活動も反応も明確に説明してくれないのかなぁ?」って正直疑ってしまいます。

で、どんな質問をしたらよいか?なのですが、

●すぐに何人のお客に物件を紹介してくれるのか?

●直近で取引に関わった物件はどんなものがあるか?

●現在どんな物件を扱っているのか?

●(紹介できるお客がいなくても)販売に向けての具体的なプランを持っているのか?

下記引用元から抜粋して僕自身大変納得した部分を書かせていただいています。
「なぜ物件を売却するのか!?」
依頼する会社を間違えると・・・
楽待、不動産投資新聞

収益物件,売却,営業マン,信頼できる,不動産会社,選び方,不動産屋,コツ,無料ネット一括査定


どれも、相手の実績・力・日々の営業活動等を的確に知る為の質問だ、と思います。

こういうやりとり、その受け応えの中から情報を聞きだしつつ、最も大事なポイント「誠実な対応をしてくれるかどうか?」も同時に見極めていく事になります。

次に専任を決めた後のチェックポイント、です。
続きをどうぞ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。